スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぽっちゃり」本土のマングース、環境に適応?(読売新聞)

 鹿児島県本土にはいないとされてきたジャワマングースの生息が昨夏、鹿児島市で確認されてから、県は「生態系に影響を与える」として、今月21日までに86匹を捕獲した。

 その生態や生息域はわかっておらず、調査を続けている鹿児島国際大の舩越公威教授(哺乳(ほにゅう)類学)は「研究が進めば、根絶はできなくても、共存の道を探れるのでは」と話している。

 県自然保護課の発表によると、昨年7月5日以降に捕獲されたマングースは雄42匹、雌44匹の計86匹。生後2か月程度の幼獣から、半年ほどの亜成獣、1歳以上の成獣までが確認された。

 このうち約50匹を舩越教授が解剖して調べたところ、鹿児島市の喜入地区で捕獲されたマングースのDNA型は、沖縄本島や奄美大島のマングースと一致。亜成獣と成獣について、沖縄の個体と比較した結果、平均体重は雄687グラム、雌497グラムでそれぞれ76グラム、121グラム重い一方、平均体長は雄55・2センチ、雌50・6センチで、それぞれ2・8センチ、0・6センチ小さかった。餌は主に昆虫であることもわかった。

 県本土のマングースが「ぽっちゃり化」した理由について、舩越教授は「奄美や沖縄から何らかの理由で、鹿児島に持ち込まれ、30年前から住み着いていたと見るべきだ。世代を重ね、厳しい環境に適応した可能性が高い」と推測している。

 喜入地区では、約30年前に捕獲され、剥製(はくせい)にされた動物が、その後、マングースと判明している。

 生息範囲については、専門家でも見方が分かれている。捕獲場所は喜入地区の南北約15キロの範囲内だが、隣接する南九州市や指宿市でも目撃情報が寄せられている。農畜産物には目立った被害は出ていないという。

 県が2月に開いた検討会では「沖縄や奄美に比べて気温の低い鹿児島では個体数が増えず、広がっていないのでは」という意見が出た。しかし、これまでマングース対策に取り組んできた那覇自然環境事務所の阿部慎太郎・野生生物課長補佐は「生息は喜入で確認されている範囲の2倍以上に広がっていると見るべき。生態系を守るためには本格的な防除が必要」と強調した。

 県は現在、目撃情報が多い場所に生け捕り式わなや、足跡が残る「トラッキングトンネル」を設置し、マングースの分布や生態を調べている。今年度からは、さらにわなを昨年度の約5倍の400基に増やし、防除を進める方針だ。

 舩越教授は「初めて生息が確認された動物の生態を把握するには時間がかかる。調査を進めることで、マングースの根絶は無理でも、数を抑制するなどして共存できるようにしたい」と話している。(角亮太)

初代つばさラストラン 国内初の“ミニ新幹線”(産経新聞)
志位委員長が訪米へ=結党以来初めて-共産(時事通信)
<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
猟銃暴発か、射撃訓練場で歯科医死亡…静岡(読売新聞)
<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加を正式表明(毎日新聞)
スポンサーサイト

ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)

 埼玉県警少年捜査課や警視庁などの合同捜査班は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純製造など)の疑いで、川崎市中原区中丸子、ウェブデザイナー、小林葉介被告(29)=同罪で起訴=と少年3人を逮捕した。

 県警少年捜査課によると、小林容疑者らは5年ほど前からインターネット上に日英中3カ国語で男児ポルノ専門サイトを開設。小学生から高校生までの男児50人以上をポルノの被写体として募集し、神奈川県内のホテルなどで撮影。DVDを1枚1万3000円~3万2000円で国内の愛好者約1500人に販売していた。同課では、同容疑者らには計約5700万円の売り上げがあったとみて捜査を進めている。

 男児ポルノを専門に製造・販売するサイトの摘発は、全国初。

 同課によると、小林容疑者は「カネを稼ぐためにやった。少年愛は崇高な世界で広めたいと思った」と供述しているという。

 サイトには男児向けに「短期間でたくさん稼げるモデルをやってみませんか」「やる気と夢をかなえたい子はぜひ」といった勧誘の言葉を並べていた。

 小林容疑者らの逮捕容疑は昨年12月、神奈川県内のホテルで、東京都内の中学2年生の男子生徒(13)に1万2千円を渡し、わいせつ行為を撮影するなどした疑い。

 ほかに逮捕されたのは、横浜市の私立大学1年生(19)、東京都足立区の大学1年生(19)、千葉市の会社員(19)の少年3人。少年捜査課では、都内に住む別の都立高校3年の少年(18)もかかわっていた疑いがあるとみて調べている。

【関連記事】
衝撃告白!篠山紀信お願いに原紗央莉「断れなかった」
「他の愛好家にも…」と男児の裸写真公開 専門学校生を逮捕 
グーグルの逆襲! 中国語サイトでタブー画像が検索可能に
日本製「エロ画」所持で有罪判決! カナダ人の双子青年
「疑似児童ポルノ」を全国初摘発 頒布容疑で写真家らを逮捕

民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」-普天間移設(時事通信)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減-衆院(時事通信)
「すぐにでも宇宙に」思い募る=油井さんら宇宙飛行士候補3人会見(時事通信)
次代に伝える刑事魂 元警視庁捜査1課長、久保正行さんが本出版(産経新聞)
<訃報>見掛道夫さん88歳=元阪神タイガース社長(毎日新聞)

奈良公園のシカ殺害、30代男きょうにも強制捜査(産経新聞)

 奈良公園(奈良市)内の春日大社表参道で、腹部に矢が刺さった状態で見つかった国の天然記念物のシカが死んだ事件で、県外に住む30代の自営業の男が事件にかかわった疑いが強まり、奈良県警が13日にも、文化財保護法違反容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、この男のものらしい軽トラックが、シカが倒れていた現場近くに設置された防犯カメラに映っていたほか、男の周辺から「男がシカに矢を放ったと話している」などの情報が寄せられたという。

 県警によると、死んだシカは10歳程度のメスで、体高約90センチ、体長約130センチ。3月13日、春日大社参道で、矢が刺さって倒れているのが見つかった。矢は長さ52センチ、直径7ミリの鉄製で、先端が腹部を貫通していた。「奈良の鹿愛護会」が保護して治療を施したが、3月15日朝、死んでいるのが確認された。

 奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されている。

【関連記事】
奈良公園“矢シカ”死ぬ 文化財保護法違反で捜査
若草山などをライトアップ 「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」
23日に奈良で若草山焼き 平城遷都1300年祭記念で花火3倍に
平城遷都1300年 「もてなす心」咲く 奈良公園清掃活動 現代美術…魅力発信
大晦日から平城遷都1300年祭 「なりきり体験館」や復元遣唐使船も
せんとくん分身の術!? 新年カウントダウン4会場に
外国人地方参政権問題に一石

春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
「宇宙でさらに明るく」=運動や化粧も、テレビ電話で診断-山崎さん主治医(時事通信)
町長が長屋王に変身=奈良県平群町〔地域〕(時事通信)
<平沼代表>参院選目標議席「少なくとも10」(毎日新聞)

「私も毎日切られてます」 首相がぼやき(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は10日、廃校になった小学校を活用して芸能関連団体などが集まる施設「芸能花伝舎」(東京都新宿区)を視察し、つかの間の休日を楽しんだ。

 首相は、17日から公演が始まる演劇「2人の夫とわたしの事情」のけいこに取り組む女優、松たか子さんらと懇談しながら、廃校の活用状況などを聞き取りした。

 女性15人が袴(はかま)姿で練習する殺陣講座も見学。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の移設問題に難渋し、鳩山政権への批判が高まるなか、野党の追及や報道を念頭に、「私も毎日、切られてます」と冗談交じりにぼやいた。

 ただ、視察終了後には、記者団に「政官業のしがらみをどんどん切り捨て御免でいかないといけない」と語り、行政改革への意欲をにじませた。

【関連記事】
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで
首相がポーランド大統領死去で哀悼の意
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
ネットの国会審議視聴が昨年過去最高 政権交代で関心高まる
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「お袋」から顔、ワラビーの赤ちゃんスクスク(読売新聞)
<新党>平沼、与謝野氏らが結党で詰めの協議(毎日新聞)
年収の3分の1以上、私大新入生費用の割合、過去最高(産経新聞)
<普天間移設>徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)
行方不明だった宝塚の小6、小5の兄弟、無事発見(産経新聞)

美人すぎる市議や進次郎も参加 政治家60人のブログサイト開設(産経新聞)

 サイバーエージェント(東京都渋谷区)は1日、国会議員50人を含む政治家60人のブログを閲覧できるサイト「Ameba政治家ブログ」を開設した。“美人すぎる市議”として知られる青森県八戸市の藤川優里市議や、小泉進次郎衆院議員ら人気政治家も参加、アクセス上位にランクインしている。

 【フォト】若返りアピール 美男美女が揃い踏み

 サイトは、同社のブログサービス「Ameba」を今まで利用していた政治家10人に加え、新たに50人の参加を呼びかけたもの。現在、ネットでの選挙運動解禁をめぐる議論が高まっているが、同社では公職選挙法改正が実現した場合、政治家からの情報発信や、有権者との交流に使えるサイトを目指すという。

 リアルタイムに書き込みができるミニブログサービス「Amebaなう」の利用も促進。さらに、国会議員の参加を呼びかける説明会を7、8日、東京・永田町の参院議員会館で開催する。

【関連記事】
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意” 小泉進次郎氏前に
自民、全国遊説に「美人すぎる市議」活用
小泉進次郎が本会議デビュー「ヤジ多いほど燃える」
地方選善戦も自民隠し 「風」生かせぬ執行部
新しい政治のあり方とは? ネット選挙運動、議員もユーザも熱い議論
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>連合会長と「政府・連合トップ会談」(毎日新聞)
<火災>交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山(毎日新聞)
DNAデータベース拡大(産経新聞)
男性の育休、進めばメリット(産経新聞)

【風を読む】論説委員長 中静敬一郎 若者が自衛隊に入れない(産経新聞)

 若い人が自衛隊に入りたくても、入れないという奇妙な現象が起きている。高校卒業生などを対象にした任期制自衛官の採用枠が激減しているからである。

 2万人対800人。前者は昭和48年、後者(予定)は平成22年。陸上自衛隊の新隊員(2等陸士)の採用数の比較だ。40年近く前に比べ、若い隊員の採用が25分の1に減っている。自民党政権時代から、自衛隊の人員を一貫して削減する政策が続いているためである。

 しかも民間の雇用情勢が悪化しているため、2~3年の任期で採用されている自衛官が任期満了になっても、任期を継続するケースが相次いでいる。退職者が少ない分、新隊員の募集も控えざるをえない。

 今月上旬、沖縄本島より南の宮古島や石垣島で、自衛隊員の募集を担っている防衛省関係者に会った。かれらは「自衛隊で頑張りたいといってきた高校生をなぜ断らなくてはならないのか」「骨を折ってくれた校長に合わせる顔がない」などと苦しい胸のうちを語った。離島での就職は厳しさを増しているだけに、関係者の思いは切実だ。

 現場の部隊も惨状を呈している。若い隊員がいないため、年配者が代わりを務める。だが、士気は下がり、高齢化が進む。そもそも実動部隊を担う隊員がいなければ、国防は成り立たない。人員構成は年を経るごとによりいびつになっていく。

 こんな事態を食い止めようとした自衛隊の実員増員要求も昨年11月の行政刷新会議で見送られた。新隊員を1万人増やす費用は300億円。雇用や国の守りを考えれば、決して高くはない。しかし、鳩山由紀夫首相は防衛大学校卒業式で防衛予算削減と受け取れる訓示をした。

 日米同盟の空洞化に加え、防衛力を形骸(けいがい)化させる「非力な日本」作りが着々と進行しているのである。

検察官役弁護士を新たに追加=JR西3社長強制起訴-神戸地裁(時事通信)
ネイルサロンにも管理ガイドライン 厚労省(産経新聞)
公明・神崎元代表が辞職表明(産経新聞)
片山さつき氏参院選出馬へ…条件は自民「シャッキリして」(スポーツ報知)
霧島山で小噴火の可能性=警戒レベル引き上げ-気象庁(時事通信)
プロフィール

ミスターあつおすなだ

Author:ミスターあつおすなだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。